標準仕様としている複層ガラス+Low-eガラス

 

家の断熱性能を考える時には、断熱材だけではなくて開口部の断熱性も大切です。
窓付近からの冷気は大きくて、冬の暖房の効きが悪くなってしまいますよね。

現在建てられる住宅の窓ガラスは、複層ガラスが一般的だと思います。

名前からもわかるように、2枚の板ガラスの間に中空層を造ります。
そこには、乾燥した空気を封じ込めています。

何故、乾燥した空気かというと、水分を含んでいると結露が発生してしまします。

中空層内部での結露発生を防ぐ目的があります。
更に乾燥空気は、熱を伝えにくいからだそうです。

こうすることによって、ガラスの欠点である「熱を伝えやすい」が改善されたガラスです。

当社が標準仕様としているのは、複層ガラス+Low-eガラスです。

Low-eガラスとは、ガラスの表面に特殊な金属膜をコーディングしたガラスです。
熱線を透過せずに反射する性質があります。

Low-eガラスを使用した住宅は、外から見ると中が見えづらくなります。
ですが中からは、すっきりと外が見えるので、単なるガラスとの違いがそこで確認できます。

窓のない住宅はありませんから、断熱材だけではなくて
断熱性能の高いガラスを採用することで、夏は涼しくて冬暖かい住まいの実現になります。

お問い合わせはカンタン 今すぐ0156-62-4004