大壁仕様の和室

 

在来工法での壁の納め方には、大壁と真壁があります。

大壁とは、柱が見えない様に、仕上げた壁のことです。洋室などに多く用いられる壁仕上げです。

真壁は、柱を見せるために、柱の面よりも後ろに引っ込ませた壁です。和室で多く使われる仕上げ方です。

この場合、柱を露出し強調させるためにランクの高い柱を使いますし施工の手間も大壁よりはるかにかかります。

最近の和室の壁は、施工が簡易でコストも安く上がることやモダンな和室も好まれるようになり、大壁仕様で納める和室が増えてきました。

お問い合わせはカンタン 今すぐ0156-62-4004